交通事故問題

交通事故が発生した場合、①損害賠償請求、②刑法上の問題、③免許取り消しなどの行政処分の問題などが発生します。

損害賠償請求では、過失の存否・割合、および損害額(治療費・逸失利益・慰謝料・物損など)が問題となります。

交通事故の損害賠償にはいくつかの基準があると言われています。

1、自賠責保険基準

2、任意保険基準

3、弁護士基準

上記3つの基準の中でも「弁護士基準」が最も賠償額が高いものとなっています。
交通事故は日常的に発生しており、その判例、事例が豊富にあります。
これらを基に、最善の解決を目指して交通事故案件に精通した弁護士が交渉、訴訟を担当します。

保険会社の担当者による損害賠償金の提示に応じる前に、交通事故案件に精通する弁護士がいる、たかの県庁前法律事務所に、ぜひ、ご相談ください。

前の記事

離婚問題

次の記事

債務整理・倒産