【解決事例】遠隔地の山奥の不動産(遺産分割)

遠隔地の山奥の不動産が唯一の相続財産であったケース。

本来は、現地調査、売却の手配等を行うため、現地に出張するのが望ましいですが、その不動産が少額であったため、費用の関係で、現地に赴くことはできませんでした。

そこで、郵便を使い、各相続人のご納得を得て、遺産分割協議をまとめました。

その土地は、当職の知り合いの不動産会社の人を通じて、無事売却することができました。

各相続人のご満足のいく結果となりました。