離婚問題

離婚するには想像以上のエネルギーが必要と、言われています。

精神的に追い詰められた状態で、交渉を行い、相手のペースに合わせてしまい、条件を受け入れてしまうと、後々の生活が苦しくなり後悔の日々を送ることになりかねません。

そのためには、以下のようなこれからのことをしっかりと見据えた上でご自身にとって不利益にならないように交渉、手続きを進めていくべきです。

・離婚にはどのような手続きが必要なのか
・離婚後にどのようにして生計を立てていくのか
・離婚後に子供はどうなるのか
・慰謝料、財産分与、子供の養育費などのお金について

これだけ離婚が多い世の中になると、裁判に至るケースも多く、判例も数多くあります。
さらには裁判に至ることなく示談・和解による事例も数多くあります。
これらをベースとしながら最善となる解決策をアドバイスいたします。

その上で、弁護士に委任していただければ、相手方に受任通知を送付し、その後の交渉窓口となり、法的手続きを代理しますので、ご依頼者様の精神的負担が大幅に軽減されることでしょう。

離婚時の交渉は冷静に行うのは難しいものです。また裁判にまで至ってしまうと長期化することになり、離婚が成立するまでの生活にも影響を及ぼしてしまいます。
このようなドロ沼化を防ぐためにも、過去の判例、解決事例を元に、最善な解決となるように交渉を行ってまいります。

前の記事

夏季休業のお知らせ

次の記事

交通事故問題