不動産問題

不動産に関するトラブルは、貸し側、借り側、売主側、買主側それぞれに発生します。

退去をお願いしているが退去してくれない。
賃料を滞納して支払ってくれない。
購入した家屋に欠陥があった。
リフォームの代金が事前の説明と大幅に異なる。
隣の家との境界についてトラブルが起きている。

不動産に関するトラブルにおいて訴訟提起などによる法律的なアプローチで解決できるのが弁護士です。

一方で、不動産に関しては、司法書士、行政書士、税理士などの専門家との連携が有効な場合が多くあります。不動産業者なども含めて他業種ネットワークを活かして、最善の解決に向けて取り組んでまいります。

不動産関連のトラブルは長期化する傾向にあります。なるべく早く、たかの県庁前法律事務所へご相談ください。

前の記事

労働問題

次の記事

刑事事件